心因性EDとは? | バイアグラでEDを治す!男の自信を取り戻せ!

バイアグラでEDを治す!男の自信を取り戻せ!

心因性EDとは?

薬が溢れている

勃起のメカニズムの中に、性的興奮を受けた際にその信号を男性器へと伝えることで勃起へと至る…のですが、その信号は脊髄の勃起神経によって伝えられます。しかし、その際の信号が正しく男性器へと伝わるには、神経の交感神経と副交感神経というものが深く関わっています。この二つは門番のようなイメージをしていただけると分かりやすいかもしれません。交感神経が門番に立っていた場合は信号は男性器まで通ることが出来ません。副交感神経ですとスムーズに男性器へと伝えられるのです。ではその門番はどういったタイミングで入れ替わるのかというと、リラックスしているか緊張状態にあるかでスイッチを入れるように入れ替わるのです。イライラしていたり不安や心配などストレスで緊張しているときは交感神経に。反対にリラックスして落ち着いているときには副交感神経へとなるのです。セックス中に明日の仕事のことを考えてしまって気持ちが沈んだら陰茎が萎えたというような経験のある人もいるかもしれませんが、それは仕事のストレスを感じたことで交感神経にスイッチが入ってしまい、信号が遮断されたことで勃起が萎えてしまったということなんです。

パートナーとの感情的トラブルや過去の性交の失敗、あせりに過労といったものは現実心因といいますが、抑圧された怒り、幼少時における心的外傷体験などは深層心因といい、治療にはカウンセリングを通して長期的な治療を行う必要があります。深層心因というのは、心の深い部分で自分でも表面的には分かっていないところだからです。

EDという病気

記事一覧

© バイアグラでEDを治す!男の自信を取り戻せ!